相続開始の方
亡くなってからの 必要な相続の手続きを知りたい

相続手続き。何をすればいいの?


身内に不幸があり、相続が発生した場合、何をすればいいのか判らず悩んでしまわれる方が多いと思います。
以下の様な手続きがあります。(注:相続内容によって相続手続きが異なります。)

葬儀/7日以内に、市役所に死亡届を提出(死亡診断書添付)/国民年金、国民健康保険、健康保険、厚生年金保険、労災保険にかかわる手続き/遺言書を探す/相続人を確定する/遺産(財産・債務)調査/分割協議・調停/3ヶ月以内に、相続承認・限定承認・相続放棄を決める/不動産所有権移転登記・財産名義変更/10ヶ月以内に、相続税の申告・納税・延納・物納/遺留分減殺請求(遺言があって自身には遺産が残されなかった場合)/

この様に、様々な手続きが必要になります。上記に関する相談やお手伝い・アドバイスをさせていただきます

遺産分割協議でもめないためにはどうしたらいい??

遺産の評価・査定及び相続人に応じた分割提案(相続人同士のコミュニケーションが大事)


市場価格の査定・利用価値を査定し、各相続人の希望(現金の欲しい方・現金の必要のない方・不動産を売却したい方・不動産を売却したくない方など)を反映した遺産分割をご提案します。

遺産分割協議

相談費用について

初回相談料は無料です。(場合により複数回の無料相談を行う場合がございます)


無料相談後の具体的解決の相談につきましては有料となります。 (事前に有料であることをお伝えした上で、1回の相談料は5,000円税込とさせていただきます。時間制ではありません。)

コンサルティング業務委託契約の費用は?


事前説明及び費用等の明記をした契約書を交わしてから実行いたします。安心して依頼できます。案件により費用が異なり、一律料金体系ではございません。

売却以外不動産での活用方法は?

私達が「不動産の市場価値・利用価値」を査定致します。


お客様に応じた売却以外の「不動産の利用・運用・管理」のご提案もさせていただきます。 現在すでに運用、利用されてる不動産の見直しやセカンドオピニオンとしてのご利用もお待ちしてます。

活用方法


活用方法

この不動産は いくらで売れるの?

不動産の市場価値・利用価値」を査定することがまず大事です。2名の不動産コンサルティングマスターが査定し、ご報告致します。


いくらで売れるの

不動産を相続したが出来るだけ早く現金化したい」という方は売り急ぐことでのデメリットの説明や正確な市場価値を知らなければ後悔が大きくなります。デメリットがあるにしても事前に私達の査定を確認し、納得してれば後悔もしないのではないでしょうか? いわゆる売り急ぎで通常以上の損をしたと思ったり、そもそも損をしたのか得をしたのかも分からないといった事態を避けませんか? 相続評価額と市場価値に差額があるのかどうかや利用価値を知る事が、相続人が複数いる場合や遺産を有効に運用する場合に不可欠です。相続した不動産によっては今が売却時か、それとも売らずに運用・利用する方が良いのか、などのご提案から企画・運用までお任せ下さい。

各種専門士との連携

不動産コンサルティングマスターが、お客様の実情をお聞きした上で、各種専門士(税理士・弁護士・司法書士等)との連携をし、複数の専門士にまたがる案件についても、コンサルティングマスターを窓口として相談出来る環境になっています。